FC2ブログ

沖縄遠征2013その5

与那覇岳から下山して、次は大宜味の道の駅へと向かいました。
ここでは以前枯らせてしまったナリヤランを手に入れたかったのですが・・・・。
なんと園芸コーナーが完全に撤退してましたorz
・・・・なんてこったい。

気を取り直して売店でソフトクリームを買って、目の前の砂浜を歩くことに。

DSCF0805.jpg

シークワーサーソフト!
大宜味の特産品といえばシークワーサー!

DSCF0809.jpg

綺麗な東シナ海!
天気も申し分ないです♪

DSCF0810.jpg

おや、ちょっとした磯がありますねぇw
すかさず観察!

DSCF0815.jpg

ヒメシャコガイ Tridacna crocea

ショップで売ってるの見たことあるw
こんな風に普通にいるもんなんですね~
綺麗な貝です。

DSCF0811.jpg

ゴマフクモヒトデ ophiocoma dentata

恐らくこの種類であってるんだと思うけど自信はナシw
大して興味を持たれないのか情報があまり出てこなかったです。
結構たくさんいました。
写真にも2匹(もう1匹は足だけ)写っています。

DSCF0819.jpg

ナガウニsp

調べてみると「ホンナガウニ」と「リュウキュウナガウニ」がいるらしい。
両者を見分けるには引っくり返して口の色を確認するとかなんとか。
当然手に取ってそこまで見てないし今更確認しようもないのでspでw
と思ったらこれ「ツマジロナガウニ」の気もしてきたんだけど、どうでしょ??

一通り海を満喫したら、再びやんばるの森へ!

DSCF0820.jpg

森に入る前の昼食はぐしけんパンの「ウルトラメロンチョコ」を。
甘過ぎる気もするけど美味しい!

DSCF0833.jpg

ブラーミニメクラヘビ Ramphotyphlops braminus

10回目の沖縄にして、初の遭遇!
実物は本当に、もう想像していた以上にミミズでした。
捕まえると尖った尾の先端を押し当ててくるのも教科書通りで感動♪

DSCF0841.jpg

ツマムラサキマダラ Euploea mulciber

オスです。
腹部の先端からヘアペンシル(フェロモンを出す器官)を出しまくり。
実際に嗅いでみると中国茶の様な不思議な香りがします。
ヒラヒラ飛んでたけどこれがまた全然ネットインしなかったw
網の扱いが下手になっていて軽くショック・・・・。

DSCF0823.jpg

リュウキュウクチキゴキブリ Salganea taiwanensis ryukyuanus

コイツはもう殖やしているのでリリース。
朽木の中に住む黒光りが格好いいゴキちゃん。

ゴキちゃんは他にもサツマゴキブリやオガサワラゴキブリを観察&捕獲♪

続く

沖縄遠征2013その4

さて、沖縄本島遠征2日目。

DSCF0785.jpg

朝食はオキコパンのゼブラパン!
でもやっぱ自分はぐしけんパンが好き。

DSCF0787.jpg

腹ごしらえを済ませ、この日は与那覇岳に行くことにしました♪
沖縄本島の最高峰ですが、標高498メートルと可愛い山です。
運が良ければヤマガメが見れるかなと淡い期待をしつつ登山開始!

DSCF0791.jpg

ユウコクラン Liparis formosana

前日のカクチョウランに続き、野生ランを発見!
テンションが上がります♪
なんだか地味な花ですが嬉しい発見でした。

DSCF0799.jpg

いつもの沢には、

IMG_3131.jpg

オキナワシリケンイモリ Cynops ensicauda popei

相変わらずたくさんいました。
浅い水の中をゆらゆらと泳いぐ姿は癒されます。

木の幹にはこんな姿も。

IMG_3155.jpg

オキナワキノボリトカゲ Japalura polygonata polygonata

逆光で顔が分かりづらいですが、なんとも南国的な姿!
格好いいトカゲです♪

さらには天然記念物のこの方も!

IMG_3177.jpg

ノグチゲラ Sapheopipo noguchii

赤みが強いのはオスの特徴。
昨年は写真が撮れなかったので、中途半端な写真ですがリベンジできました♪

IMG_3171.jpg

この個体を見つけたすぐそばには大きな穴が空いた立ち枯れが。
使っているかは不明ですが、まず間違いなくノグチゲラのものでしょう。

また写真には収められませんでしたが、同じく天然記念物のホントウアカヒゲも観察。
ヤマガメは見れませんでしたが、なかなか収穫のある登山でした。


続く。

たのしい食料調達

※ダラダラと投稿している沖縄遠征の記事は一度お休みです。


自分が千葉に越してきてからもう半年。
チーバくんで言うと、ペロッと出した舌の辺りに住んでます。
もちろん埋立地な訳ですが・・・・ここがもうホントに何も無いんですよね。
畑も田んぼも池も雑木林も、埼玉にあったものは何もない・・・・。
自分にとっては本当に退屈な場所です。

余りに退屈すぎて新しい遊びを始めました。

職場の近くに大して綺麗でもない川(名前は○○川だが用水路にしか見えない)があります。
最近その川に立派なハサミを持った大きなテナガエビがいるのに気が付きました。
毎日観察しているうちに「これを釣って食べてみようか」と思い立ったのですw

となればまずは情報の調達。
ネットで調べると出るわ出るわ・・・・。
道具、仕掛けや餌の種類、ポイント、調理法などなど。
色々と吟味して120cmの竿と市販のテナガエビ用の仕掛けを購入。
単純に釣る為だけの道具なら1500円で揃えることが出来ました。
自分はその他に、エアポンプやエビをキープする為の活餌用クーラーなんかも入手。
武器を手に入れたらあとは餌を買って釣りに行くだけです♪

で、次の休日に早速釣りに出かけました!

DSCF0941.jpg

ポイントはこんなところ。
前日に餌のアカムシも買って万全の体制です( ̄∇ ̄)♪
ただ自分は釣りに関しては全くのド素人。
ネットで得た情報だけでテナガエビが釣れるのか不安でしたが果たして・・・・。






DSCF0940.jpg

DSCF0937.jpg

ジャジャ~ン!
なんだかアッサリと釣れてしまいましたΣd(・ω<)

1枚目の大きな奴は足を伸ばすと25cmはありそうです!
これは充分に大物ランク!
2枚目の2匹もなかなかの大きさで大満足♪
いや~テナガエビ釣りって面白いですね~w

結局15匹ほど釣れました。
抱卵しているメスはリリースしてあとはお持ち帰りです。
勿論食べる為に♪

~数日後~

泥を吐かせたテナガエビを調理する時が来ました!
まずは酒にぶち込んで〆ます。

DSCF0945.jpg

最初こそ抵抗をしますが、こんな感じに大人しくなりました。
あとは適当に調理開始。

オリーブオイルでニンニクと鷹の爪を炒めて適当なタイミングで髭を抜いたテナガさん投入。
そこに白ワインを入れてエビの色が赤くなるまで炒めます。
適当なタイミングでトマトソースと生クリームを入れ、混ぜ混ぜ。
コショウで味を整えたら、おもむろに予め茹でておいたパスタを投入。
水分が飛んできていい感じになったらお皿に盛り付けて完成!!
(普段料理をしないので全体的に適量・適当ばかりのクッキングでした・・・・w)

DSCF0949.jpg

名付けて、「江戸前天然手長エビのトマトクリームパスタ」です!!

早速食べてみると、料理初心者の自分が作ったとは思えない程美味しい(*´Д`)
上手く表現できないけど本当に美味しいナニコレ!?
これはまた今度釣ってきて作ってみよう!
ってな訳で大満足な夕飯でした~♪


結論:テナガエビは釣ってよし!愛でてよし!食べてよし!

沖縄遠征2013その3

ちょっと更新が滞ってますねー・・・・。
目障りな広告が出る前に更新しなくては!


という訳で沖縄本島遠征、初日の夜。

DSCF0753.jpg

夜食はぐしけんパンの「なかよしパン」です。
カエルのキャラクターが印象的。
買ったことは無いけどこれの2倍サイズも売ってます。
今度トライしてみようか・・・・。

余談ですが、ぐしけんパンで個人的に一番好きな「チョコエース」というパンがあります。
それが前回の遠征では見掛けなくて、調べてみたら廃盤になってました(OД○|||)
もう二度と食べることが出来ないのかと思うとショック・・・・。


さて夜食を済ませて向かったのは昼間と同じ場所w
どんな生き物が観察できるでしょうか・・・・?

DSCF0755.jpg

アシヒダナメクジ Laevicaulis alte

沖縄の夜のフィールドのいつものメンツ。
簡単に飼育・繁殖が出来たら楽しそうな生き物ですね~

DSCF0778.jpg

ヤンバルマイマイ Satsuma mercatoria atrata

こちらも定番中の定番。
昼間はそれほど見かけないのに、夜になると多くの個体が出歩いています。

DSCF0780.jpg

アフリカマイマイ Achatina fulica

悪名名高い最強外来生物の一つ。
食料として台湾から移入後、太平洋戦争で繁殖施設がやられて広がったとか・・・・。

DSCF0774.jpg

シリケンイモリ Cynops ensicauda

この夜は比較的数が少なかったです。
季節的なものなんでしょうか。

DSCF0760.jpg

イボイモリ Echinotriton andersoni

何度も来てるこのポイントでの遭遇率は驚きの100パーセントです!
夜に来るとまず間違いなく側溝に落ちてますw
アレ?・・・・イボイモリって天然記念物にしては個体数多いんじゃね??
なんて感じちゃいますが、実際どうなんでしょうか?

DSCF0771.jpg

DSCF0768.jpg

赤みが強い個体。
上から見ると落ち葉のようです。

さらにさらに、こんな生き物も!

IMG_3077.jpg

IMG_3109.jpg

ヒメハブ Ovophis okinavensis

トッペマさんが発見!!
10度目の沖縄本島にしてやっと初遭遇♪
野生下のハブに出会うのはサキシマハブに続いて2種類目です。
太短くて重量感がある格好いいヘビですね~!
まるでバイパーボアです。

IMG_3102.jpg

この顔w
誰が見ても恐ろしい毒蛇だと分かります。

実に大満足な夜でした♪
つづく。

沖縄遠征2013その2

前回の続き。
天候に恵まれない中観察できた生き物たち。

DSCF0735.jpg

ヘリグロヒメトカゲ Ateuchosaurus pellopleurus

比較的大きな個体がみれました。
ツヤツヤで滑らかな手触りがいい感じです♪
魅力的なトカゲですが、これを飼うにはどんな生き餌をキープすればいいのやら・・・・。

DSCF0669.jpg

オオハラビロトンボ Lyriothemis elegantissima

未成熟のメス?
交尾器の形が分かる角度から写真を撮っておけばよかった。
成熟したメスに比べてかなり黒味が少ない印象。

DSCF0677.jpg

オキナワハンミョウ Cicindela japonica okinawana

本州のハンミョウに似ているけど青みが強い。
亜種なのか、はたまた別種か・・・・意見が別れるところです。
個体数はかなり多かったです。
渓流沿いやアスファルトの上をブンブン飛んでいました。

DSCF0716.jpg

ハンゲショウ Saururus chinensis

湿地に群生していました。
埼玉でもよく見かけていたので違和感がありましたが、もともとは亜熱帯性の植物のようです。

DSCF0724.jpg

クロセセリ Notocrypta curvifascia

写真を撮ろうと近づくと逃げる・・・・見つけては逃げられるの繰り返し・・・・。
なかなか距離を縮めさせてくれませんw
大きなくりくりの複眼は大いに機能している模様。

DSCF0740.jpg

リュウキュウカジカガエル Buergeria japonica

今回も出会うことができました。
地味ながら可愛いヤツです♪

DSCF0727.jpg

オオサンショウモ Salvinia molesta

田んぼの用水路にギッシリと群生してました。
水面が全く見えない程です!
恐ろしや外来種。
この塊を関東の熱帯魚店で売ったらどれくらいの値段が付くのかw



日中に見かけた生き物たちはこんな感じでした。
一度切り上げて、夜に備えるため夜食を買ってホテルにチェックイン。

つづく。
プロフィール

あまぞん

Author:あまぞん
早いもので、もう社会人6年目。
なるべく好きな事だけをして生きていきたいw

大型犬と暮らしたいなぁ~

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる